モデルルーム使用住戸家具付き販売開始モデルルーム使用住戸家具付き販売開始
万一の事態を想定し、暮らしを守る強固な構造と防災設備を採用。
基本性能を磨き、信頼性の高い構造を実現。

建物の構造は普段目には見えませんが、だからこそ徹底した基盤の構築が求められます。

強度や耐久性の高い住まいを創り、アフターサービスにも厚い対応で暮らしを支えていきます。

二重床・二重天井構造

コンクリートスラブと床・天井材の間に空間を確保。
遮音性を高め将来のリフォームやメンテナンスにも配慮。

外壁

建物の耐久性を確保する上で大切な外壁は、約180mm以上のコンクリート厚に(バルコニー、共用廊下等壁を除く)

戸境壁(RC) 

コンクリート厚約180mmを確保した戸境壁。隣接する住戸からの生活音の遮音に配慮した構造です。

溶接閉鎖形帯筋

建物の補強対策として、柱主筋を束ねる柱部分の帯筋には、特殊な溶接でつないだ溶接閉鎖形を採用。

床スラブ

上下階の住空間の遮音性に配慮し、床のコンクリートボイドスラブ厚を約225mm確保。

※1F床を除く

ダブル配筋の床・壁

建物を支える床と主要な壁(戸境壁・妻壁)には、鉄筋を二重に組んだダブル配筋を採用。

計47本の杭で建物を支える杭基礎工法を採用
概念図

綿密な地盤調査を元に、地下約12m〜13.5mに存在する強固な地盤(支持層)まで47本の杭を打ち込み建物を支える杭基礎工法を採用しました。

2つの住宅性能評価書を取得

第三者評価機関が「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づき新築マンション等の性能を評価し、表示した住宅性能評価書を「設計」と「建設」両方において取得します。

設計性能評価 建設住宅性能評価書
都市生活に安らぎをもたらす、充実のセキュリティ。
オートロックシステム

オートロックドアを採用した風除室とエントランスホール、さらに住戸前で来訪者をチェック。

関係者以外の不審な立ち入りを、3段階のセキュリティでガードします。

オートロックシステム概念図
24時間365日体制で安心なオンラインセキュリティシステム

ALSOK(綜合警備保障)と提携した24時間セキュリティシステムを導入。共用部分および専有部分の各種センサーが異常(火災・非常通報等)をキャッチすると警備会社へ自動通報。24時間356日、専門スタッフが状況に応じて迅速な対応を実施します。

緊急対応体制図
参考写真
可動式ルーバー面格子

共用廊下に面する窓に面格子を設置。ルーバーの角度を調整し、光と風を採り込みながらプライバシーが保てます。

カラーモニター付きインターホン
カラーモニター付きインターホン

来訪者を画面と音声で確認可能。防犯センサーとも連動し、住戸内のセキュリティを高めます。

参考写真
敷地内に22台の防犯カメラ

敷地内の共用部各所とエレベーター内に防犯カメラを設置。映像を録画して、犯罪を抑制します。

※リース対応

より高い安全性のディンプルキー
より高い安全性のディンプルキー

錠前は、鍵の複製が困難で耐ピッキング性能にも優れたディンプルシリンダーを採用しています。

サムターン回しに備える防犯サムターン
サムターン回しに備える防犯サムターン

玄関扉に穴を開け、特殊な工具で住戸内側のサムターンを回して侵入する不正行為を抑止します。

2重の安心で応えるダブルロック
2重の安心で応えるダブルロック

玄関扉は、2つの鍵穴を備えたダブルロックで、高いセキュリティ機能を発揮します。

強引なこじ開け対策に鎌デッドボルト
強引なこじ開け対策に鎌デッドボルト

バールなどのこじ開けに強い鎌付デッドボルト。押し込み強度や側圧強度ともに頑丈な仕様です

CP認定玄関ドア
CP認定玄関ドア

官民合同会議により防犯性能が高いと認められたCP認定ドアを採用しました。

参考イラスト
防犯窓付エレベーター

外部からエレベーター内が見える防犯窓付で利用時の安心に配慮。扉のセンサーで挟み込み事故も防ぎます。

玄関と一部の窓に防犯センサー

防犯セット後に侵入を感知するとインターホンが警報を発信。さらに異常の発生を警備会社へ自動通報します。

※窓の防犯センサーは専用庭・ルーフバルコニー(一部除く)に面する部分に設置しています。

※掲載の室内写真は、モデルルーム[I1、Jaタイプ]を撮影したもので、家具・調度品、オプション等は販売価格に含まれません。また、オプション仕様が含まれている場合がございます(2015年9月撮影)。また、参考写真の形状・仕様・色等は異なる場合がございます。

▲トップへ