モデルルーム使用住戸家具付き販売開始モデルルーム使用住戸家具付き販売開始
小川駅西口周辺地区整備によって進化する駅前

本プロジェクトの最寄り駅は、西武国分寺線・拝島線「小川」駅。明治27年(1894年)に誕生したこの駅は、以来120年にわたり地域住民の暮らしを支え続けてきました。そして今、小平市では都市計画マスタープランに基づき駅周辺エリアの大規模な再整備を計画中。駅西口超高層複合施設の建設と広場整備を中心として、道路整備により車や歩行者が安全かつ快適に往来できる環境づくりを目指しています。

小川駅西口周辺地区整備によって進化する駅前

小川駅周辺地区まちづくり概念図
※2014年2月小平市都市開発部都市開発課発行 「小川駅前周辺地区まちづくりビジョン」より

西口に地上30階建の住・商複合施設が建設予定

「小川」駅前の新たな賑わい拠点として、西口駅前に超高層複合施設の建設が検討されています。1〜4階は商業施設と公共・公益施設、上層階は住宅を計画。1階には歩行者専用の通路も設けられる予定です。

建設通信新聞(2014年9月24日発行)より抜粋

駅西口イメージイラスト

駅西口イメージイラスト
※2014年2月小平市都市開発部都市開発課発行
「小川駅前周辺地区まちづくりビジョン」より

▲トップへ